オーダー家具の作成方法を知っていく

手作り家具

オーダー家具を作る流れ

家具

良い家具にするためにセミオーダーの流れを知る

家具のオーダーには、作成部分において、すべてオーダーするものと部分的なものがあります。費用を少しでも抑えらたいなら、セミオーダーがいいでしょう。しかし、もしセミオーダーするといっても、分からないことが多くあります。流れを知っておくとイメージ通りの家具になるでしょう。

どんな家具にするか打ち合わせをする

セミオーダーをする時には、業者としっかりと打ち合わせする必要があります。打ち合わせでは、家具の大きさやどんな材料を使うかなどを慎重に決めて下さい。

家具のイメージができれば加工に移る

打ち合わせで業者とイメージが合致すれば、次に加工に移ります。加工では、製材機でプレスし切り回しや小口仕上げなどをして安全に使えるように工夫しています。また、オーダーメイドの家具は人の手で作っていくので木目の艶や家具の温もりを感じることができるでしょう。

加工後は組み立てて仕上げをします

材料の加工が完了すれば組み立てていきます。組み立てが完了すれば表面をカンナで削り安全で手触りの良いように仕上げます。また、カンナで仕上げることで塗装後の木目が浮き立ち家具に風合いが美しくでてくるのです。

塗装をして最終仕上げをする

綺麗に仕上げた家具に耐水性と耐久性を高めるための塗装を施します。塗装が完了すれば、付属品を取り付けて傷や色むらがないかなどの最終調整をして問題がなければ完成です。

広告募集中